取引価格が高めに推移!限定車両「ハコブンダー」を皆さんは知っていますか?

トミカファンなら知っている方もいるかもしれません。しかし、おもちゃ屋さんに足を運んでのトミカ収集のみをしている方は知らない可能性の高い限定車両「ハコブンダー」を皆さんはご存知でしょうか。そこで今回は、なかなか手に入らない限定車両「ハコブンダー」についてお話ししていきます。

■大き目の車体が目をひく!トミカ運搬用トミカ
見た目は最先端の大型トラックのよう。稼働部分はリアのシャーシとなっており、引き出すことによってアームが運搬モードになります。トミカを乗せてしっかりと運ぶことがでいるまさに「トミカを運ぶためのトミカ」がハコブンダーです。

通常時でも大きさは全長8.855mm、幅は4.025mm、高さ4.025mmとなっており、現行トミカの中でも最大級の大きさを誇ります。また、リアのシャーシ部分を稼働させ、運搬モードに切り替えた際の大きさは驚きです。全長13.340mm、幅4.025mm、高さ8.395mmとなるのです。これは、トミカを運ぶのはもちろん、箱に入った状態のトミカを運搬することも可能な大きさです。

■トミカ工場で作られている、実車の無い車両です
実車がトミカになることが一般的ですが、このハコブンダーはTDM「通称・トミカドリームモータース」製の、貴重な実車がないトミカとなっています。トミカドリームモータースの車は、イベント限定車両に多く、中古取引価格やインターネットサイトでの取引で高値が付きやすいものばかり。プレミア価値に期待するのも良いですし。稼働範囲がかなり広いために手に入れて遊ぶのも良いですね。

■トミカ博入場記念トミカとして配布された車両です
おもちゃ屋さんに取り扱いがない理由として、このトミカハコブンダーは、全国各地で開催されているトミカ博の入場記念車両として配布されているものだからです。トミカ博には入場料が大人も子ども(年齢によります)もかかります。その代わりに、入場ゲートを通過する際に入場記念トミカをGETすることが出来るのです。

現在ハコブンダーを手に入れるには、インターネットでの転売やインターネットでの中古トミカの取り扱いがあるショップのみとなっており、大変希少です。見かけた際はぜひ、手に入れてみてくださいね!