トミカのアニメが放送開始なのに、宣伝が少なめなのはなぜ?アニメ以外のコラボ系トミカって何があるの?

画像引用:トミカハイパーレスキュードライブヘッド機動救急警察公式ページ

トミカ初のTVアニメ「トミカハイパーレスキュードライブヘッド機動救急警察」が放送開始!

2017年4月にトミカ初のTVアニメである「トミカハイパーレスキュードライブヘッド機動救急警察」が放送されています。トミカのアニメはこれまではネット公開のアニメやPR用のイベントや店頭で公開されているアニメは存在していました。
また2008年や2009年には特撮ヒーローアニメとして「トミカヒーローレスキューフォース」「レスキューファイアー」が放送されたこともあります。

タカラトミーのテレビを使ったPRのスタンス

しかしタカラトミー、特に合併前のトミーは元々アニメなどのマスコミ展開をそれほど積極的には推し進めるPR 方針を採っておらず、玩具は商品の価値で売る、という考えを持っています。競合企業のバンダイがスーパー戦隊や仮面ライダー、ガンダムといった強力なキャラクターを中心に玩具を販売しているのと比べると、対照的と言えるでしょう。

キャラクター玩具は番組が終わると陳腐化してしまい、販売店の足かせになりやすいので、このような方針を採っているのですが、遂にトミカもTVアニメを利用して一歩上のステージにたとうとしています。

今回アニメのタイトルにもついているハイパーシリーズはレスキュー隊や建設、警察などをモチーフにした大型車両と通常のトミカ、そして隊員人形を絡めて遊ぶシリーズであり、元々ヒーロー物のようなテイストをふんだんに盛り込んだシリーズなので、キャラクターもの、アニメとの融和性は高い商品カテゴリです。ロボットに変形するトミカやそれを操る子どもたちを全面に押し出して「ハイパーシリーズ」だけではなく、通常のトミカの販促につなげるという目的もあるのです。

合体、サウンド、ライト、組み換えなどロボット玩具の良さと、従来のリーズナブルで基地遊びや買い増しがしやすいトミカならではの特性を併せ持ったシリーズとして、玩具業界やキャラクター業界からも熱い注目を浴びています。

タカラトミーのロボット玩具というと、トランスフォーマーが有名ですが、マニア向けの志向が日本では強いトランスフォーマーと比べると、未就学児に向けて合体、基地遊びを楽しめるという、飾って遊ぶのではない、動かして遊ぶという要素がふんだんに盛り込まれているといえるでしょう。

トミカの歴史とまもなく誕生50周年

1970年に生まれ、誕生50周年も間近に迫ってきているトミカですが、それだけ日本の子どもたちに愛されてきただけに、今では玩具の枠を超えた幅広い展開を行っています。
本家本元のタカラトミー本体でも数多くのアパレル商品や子供の生活に役立つような、幼稚園や保育園に通う際に必要なグッズを発売していますし、菓子メーカーでもトミカのキャラクターやイラストを配置した商品を発売して至ります。

ユニークなトミカコラボ商品

そういった玩具以外のトミカのコラボ商品の中でも、特にユニークであるものが、「トミカかまぼこ」です。
トミカかまぼこというとどんなものを想像するでしょうか?
単純にトミカがおまけについてくるかまぼこ、というわけではありません。実はこの「トミカかまぼこ」はかまぼこで大変有名な、神奈川県小田原市にあるかまぼこの会社鈴廣が発売しているものなのです。どんなものかというと、トミカ型のかまぼことなっておりトミカの側面図をそのままかまぼことして見事に再現しているのです。

かまぼこというと、一般的には真っ白なもの、そしてその上にピンク色の表面のいわゆる紅白かまぼこが一般的です。
しかしかまぼこの老舗メーカーである鈴廣の技術によって、一般的なかまぼこを遥かに超える多層構造による彩色、そしていろいろな色彩をしっかりと再現する表現力によって、このトミカかまぼこは作られています。普通のかまぼこメーカーが再現しようと思っても、複雑な多層構造を作り上げるのは用意なことではありません。

鈴廣だからこそ発売できる商品と言えるでしょう。お子さんの誕生日やお正月にお祝いとして送る、出してあげてもよいでしょうし、もちろん毎日の幼稚園などへのお弁当に入れても可愛く、楽しんで食べられます。海産物が苦手なお子さんでも、トミカのかまぼこならばニッコリして食べたくなってしまうのではないでしょうか。
なお鈴廣では他にタカラトミーとのコラボ商品として、リカちゃんかまぼこも出しています。こちらは女の子がいるご家庭に嬉しい商品ですね。

2017年6月のトミカの日に登場する新作情報

今月の17日は毎月恒例トミカの日です。今回は3台の新しいトミカが登場し、その中の1台には初回特別仕様もあるため情報をキッチリ押さえておきたいところ!では早速、新しいトミカを見ていきましょう。

No.125 「いすゞ ギガ 木材運搬車」

まず紹介するのは、「いすゞ ギガ 木材運搬車」です。今までにも「いすゞ ギガ」は登場していましたが、今回はダンプではなく平ボディ型セミトレーラーとして登場します。

No.120以降のトミカなので通常のトミカではなく、ロングタイプトミカなので売っている場所が違うので気を付けましょう。ヘッド部分の可動はもちろん、木材の積み降ろしや本体の取り外しなどのギミック付きです。

No.67 「トヨタ パッソ」

次に紹介するのは2016年にモデルチェンジをした3代目「トヨタ パッソ」です。「トヨタ ヴィッツ」などと並んで人気のあるトヨタのコンパクトカーで、姉妹車に「トヨタ ブーン」がありCMなどでも見たことのある方も多いかと思います。

実車ではボディカラーが12色もあるのですが、トミカではその中から”青”が採用されました。後部のドアの開閉ができるギミック付きになっています。

No.39 「アウディ R8」

最後に紹介するのは「アウディ R8」です。お気付きの方もいるかもいるかもしれませんが、5月に廃版になった車両がリニューアルして帰ってきました。今までのデザインよりも更に細かな部分まで再現されているのと、リアスポイラーの追加がされました。

このトミカが初回特別仕様があり通常版のボディカラー”赤”ベースに”黒”とは異なり、”青”ベースに”シルバー”とこちらもスタイリッシュなデザインになっています。

今回はこちらの3台を紹介させていただきました。ここ数ヶ月スポーツカーや働く車の新車が多かった中、久しぶりのコンパクトカーの登場もありトミカのラインナップもより一層幅広くなってきましたね。今回も、初回特別仕様の車両もあるので狙ってみてはいかがでしょうか。

鉄道模型・プラレールの「いろは」。鉄道模型とは?プラレールとは?種類、歴史など簡単にまとめました。

鉄道模型とは?NゲージやHOゲージなどの違いについて

鉄道模型とは実物のレールや鉄道用車両を縮小したものです。鉄道用車両では現役で走っている車両だけでなく、既に定期運用から外れて見ることができなくなった車両を縮小したものもあります。

鉄道模型のサイズについて、一番大きいサイズではミニSLが挙げられます。ミニSLの先頭車両は蒸気機関車で、運転している人がまたがっています。蒸気機関車のあとに何台かの台車を牽引しています。イベントなどで、牽引している台車に大人や子供がまたがっている姿を見たことがあると思います。ミニSL以外では、実際に走っている車両を縮小したものもあります。

ミニSLくらいのサイズについては予算や場所面で、自宅で楽しむことが難しいと思います。自宅で鉄道模型を楽しむ場合、日本では手ごろな値段で購入することができるNゲージやNゲージより小さいサイズのBトレなどがあります。

Nゲージサイズの鉄道模型についてはデパートに入っている鉄道模型店やインターネットで購入することができます。
おわりに、鉄道模型の対象年齢については15歳以上となっています。小学生の子供については大人と一緒に楽しむことができれば問題ないと思われます。Nゲージ以外のサイズで本格的に鉄道模型を楽しみたい場合、HOゲージやOゲージがあります。

プラレールの対象年齢は何歳から?鉄道模型と比べた時の特徴とは?

プラレールとはタカラトミーが販売している鉄道玩具です。3歳以上の子供を対象にした鉄道玩具として知られています。鉄道模型は乱暴に扱うと壊れやすい性質であるため、幼児や小学生には薦められません。3歳以上の子供で鉄道に興味がある場合、プラレールを推薦します。

プラレールの特徴について、乱暴に扱っても壊れにくいことが挙げられます。まず、鉄道模型とは異なり、レールが青色であることが挙げられます。レールはプラスチックでできていて、壊れにくい性質です。レールだけでなく車両も壊れにくい材料でできていることが挙げられます。プラレールの場合、車両は手で動かして遊ぶことができますが、乾電池を入れると自動で動かすこともできます。

おわりに、プラレールの値段について取り上げます。タカラトミーのホームページによれば、車両1編成(3両分)の価格は税抜きで1800円~3000円の範囲で、車両1両だけの場合880円で販売されています。その他、詳細についてはタカラトミーのホームページで確認をお願いします。