鉄道模型・プラレールの「いろは」。鉄道模型とは?プラレールとは?種類、歴史など簡単にまとめました。

鉄道模型とは?NゲージやHOゲージなどの違いについて

鉄道模型とは実物のレールや鉄道用車両を縮小したものです。鉄道用車両では現役で走っている車両だけでなく、既に定期運用から外れて見ることができなくなった車両を縮小したものもあります。

鉄道模型のサイズについて、一番大きいサイズではミニSLが挙げられます。ミニSLの先頭車両は蒸気機関車で、運転している人がまたがっています。蒸気機関車のあとに何台かの台車を牽引しています。イベントなどで、牽引している台車に大人や子供がまたがっている姿を見たことがあると思います。ミニSL以外では、実際に走っている車両を縮小したものもあります。

ミニSLくらいのサイズについては予算や場所面で、自宅で楽しむことが難しいと思います。自宅で鉄道模型を楽しむ場合、日本では手ごろな値段で購入することができるNゲージやNゲージより小さいサイズのBトレなどがあります。

Nゲージサイズの鉄道模型についてはデパートに入っている鉄道模型店やインターネットで購入することができます。
おわりに、鉄道模型の対象年齢については15歳以上となっています。小学生の子供については大人と一緒に楽しむことができれば問題ないと思われます。Nゲージ以外のサイズで本格的に鉄道模型を楽しみたい場合、HOゲージやOゲージがあります。

プラレールの対象年齢は何歳から?鉄道模型と比べた時の特徴とは?

プラレールとはタカラトミーが販売している鉄道玩具です。3歳以上の子供を対象にした鉄道玩具として知られています。鉄道模型は乱暴に扱うと壊れやすい性質であるため、幼児や小学生には薦められません。3歳以上の子供で鉄道に興味がある場合、プラレールを推薦します。

プラレールの特徴について、乱暴に扱っても壊れにくいことが挙げられます。まず、鉄道模型とは異なり、レールが青色であることが挙げられます。レールはプラスチックでできていて、壊れにくい性質です。レールだけでなく車両も壊れにくい材料でできていることが挙げられます。プラレールの場合、車両は手で動かして遊ぶことができますが、乾電池を入れると自動で動かすこともできます。

おわりに、プラレールの値段について取り上げます。タカラトミーのホームページによれば、車両1編成(3両分)の価格は税抜きで1800円~3000円の範囲で、車両1両だけの場合880円で販売されています。その他、詳細についてはタカラトミーのホームページで確認をお願いします。