コムズトイのホビーグッズ買取

もしあなたがこんな状態であればぜひご利用下さい!

  • 「熱がちょっと冷めてしまって」・・・
    などファンを卒業する方
  • 学校卒業や就職など引っ越しで
    泣く泣くグッズの処分をする必要がある方
  • 新商品を購入したい!
    だから持っているコレクションを現金にしたい方
  • 大事な物だから捨てちゃうのはもったいない!
    次使ってくれる方を探している方
  • などなど、こんな状況の方がいらっしゃいましたら、
    当店の買取サービスをぜひご利用ください。

買取の3つの特徴

  • まとめて〇〇円ではなく、
    細かな査定結果をご連絡いたします。
    (3万円以上の買取の場合、また1点あたり1000円以上の買取商品についての明細となります。)
  • 査定は査定経験豊富
    乗り物大好きなスタッフが査定を行いますので、より丁寧
  • 梱包キット、弊社送付の送料、
    振込手数料などいずれも完全無料。
    (査定NGの場合の送料はお客様負担となります)
  • 大量買取大歓迎!
    どんなに多くても送料は無料で買取ます!

【トミカの概要】ミニカーの定番【トミカ】とは?いつから始まり、現在は何種類が発売されている?元になったミニカーが存在するって知ってました?

ミニカーといえばトミカ、という方も多いかと思いますが、ではトミカとは?という根本的な質問に答えるとなると、意外と難しいものです。 こちらの記事では、トミカの始まりや概要、そしてその原型となったミニカーの存在などをまとめています。

まず、トミカとは?

プラレールとともにトミー時代からの主力商品であり、販売開始当初から老若男女を問わず愛され続けてきているミニカーです。 現在、140種類(通常サイズが120種、ロングタイプ(トレーラーや連接バス 、鉄道車両など)が20種)ありますが、最初は、わずか6台のラインナップでスタートしました。

日本で最初のミニカーはトミカではなく、トミカ発売前も、日本にはもちろんミニカーはありました。しかし、当時は外国製や1/43スケールなどが多く、身近な国産車がなかったり、手軽に買ったり集めたりは難しかったのでした。そこでトミカでは手のひらに乗るサイズを選択。街行く名の知られたクルマがミニカーになったこともあって、あっという間に人気商品になりました。

毎月第3土曜日に新車が発売されています。 また、トミカ本体と遊べる、トミカタウンやトミカワールドなどの街や建物をモチーフとした商品もあります。 後にも記述しますが、トミカは比較的小さなミニカーで、縮尺はおおよそ1/64以下のものが多く、箱などがブリスターパックなど統一されています。 ただ、トミカリミテッドヴィンテージは1/64された規格になっています。 なお、紙箱のトミカとブリスターパックのトミカの中身は基本的に同じであり、コレクターからは紙箱のトミカが好まれる傾向があるようです。

トミカと他のミニカーの違いは何?

トミカが他のミニカーと大きく違う点として、左右・後部ドア開閉、サスペンションなどのアクションやギミックの存在を上げることができます。

トミカとプラレールの関係性

トミカは同社のプラレールと組み合わせて遊べるように製作されており、プラレールと組み合わせた商品も存在し、アニメなどでのコラボレートも展開されています(プラレールシンカリオンとトミカハイパーレスキュー)。

トミカ博とは?

年に一度、主要都市等で開催される愛好者向けイベント「トミカ博」は、「プラレール博」と共にトミー(現・タカラトミー)の重要なイベントであり、家族連れを中心に年配のトミカファンやプラレールファンなど多くの来場者を集めている。

 

チェック→【トミカ博楽しみ方/予算】トミカ博を楽しむための予算はどのくらい?おすすめの遊びは何?

トミカがどうやって生まれたのか?

トミカが発売された1970年当時、国産車のミニカーといえばダイヤペット(米沢玩具→セガトイズ→現・アガツマ)やモデルペット(アサヒ玩具)に代表される標準スケールが中心であり、小スケールミニカーは細々と輸入される海外ブランドしか存在していませんでした。この状況に目をつけ、国産車の本格的小スケールミニカーとして発売されたのがトミカです。

トミカの原型となるミニカー「マッチボックス」

トミカは当時小スケールミニカーの第一人者であった「マッチボックス」(イギリスの老舗ミニカーメーカー)を参考としており、縮尺はまちまちで箱の大きさを統一、番号による入換制、アルミ箔を押し付けるホットスタンプと呼ばれる技法を用いたクロムめっき風のホイール(あるいはホイールキャップ)の表現と細いタイヤ、板ばねによるサスペンション機構、そしてドアやボンネット、トランクなどの開閉アクション、これらは全て当時のマッチボックスにを参考に作成されました。 トミカは発売後大成功を収め、前述のダイヤペットからも小スケールで「チェリカ」というライバル製品も発売されるほど多大な影響を与えることになります。手ごろな価格と実車に忠実な造形からコレクションの対象にもされており、現在では世界中にコレクターが存在し、絶版トミカを扱う専門ショップも全国に点在している状況です。

トミカとは?まとめ

トミカはイギリスのミニカーメーカーのマッチボックスを手本に作られた、1970年当時としては珍しい小ミニカーでした。 現在では140種類以上の種類に分かれ、毎週新しいトミカが発売され続けています。 また他のミニカーと異なる点として、リアル感を追求したギミックなどが挙げられます。 またタカラトミー社が発売される鉄道模型のプラレールとのコラボも楽しめる、発送豊かな商品です。

【トミカ】シリーズ別解説記事

トミカリミテッドヴィンテージとは?

 

2013年に終了したリミテッドシリーズではなく、ヴィンテージシリーズについての解説です。もし1970年以前にトミカが有ったらをコンセプトにした大人になった子供たちに送るヴィンテージシリーズです。

 

ディズニートミカとは?

 

おもちゃ屋さんで購入できるディズニートミカとTDR限定トミカの違いなど、ディズニートミカについて解説をしております。

 

トミカプレミアムとは?

 

2015年からシリーズスタートしたトミカプレミアム。トミカ=車、という概念を覆す、広範囲かつ高品質なトミカシリーズです。詳しく深堀しております。

 

作成:2018/12/29 更新2018/12/30

関連記事