コムズトイのホビーグッズ買取

もしあなたがこんな状態であればぜひご利用下さい!

  • 「熱がちょっと冷めてしまって」・・・
    などファンを卒業する方
  • 学校卒業や就職など引っ越しで
    泣く泣くグッズの処分をする必要がある方
  • 新商品を購入したい!
    だから持っているコレクションを現金にしたい方
  • 大事な物だから捨てちゃうのはもったいない!
    次使ってくれる方を探している方
  • などなど、こんな状況の方がいらっしゃいましたら、
    当店の買取サービスをぜひご利用ください。

買取の3つの特徴

  • まとめて〇〇円ではなく、
    細かな査定結果をご連絡いたします。
    (3万円以上の買取の場合、また1点あたり1000円以上の買取商品についての明細となります。)
  • 査定は査定経験豊富
    乗り物大好きなスタッフが査定を行いますので、より丁寧
  • 梱包キット、弊社送付の送料、
    振込手数料などいずれも完全無料。
    (査定NGの場合の送料はお客様負担となります)
  • 大量買取大歓迎!
    どんなに多くても送料は無料で買取ます!

【トミカ博楽しみ方/予算】トミカ博を楽しむための予算はどのくらい?おすすめの遊びは何?トミカ博の注意点や楽しみ方、予算感を念頭に体験だなどもまとめました。

 2019年も様々な場所で行われるトミカ博ですが、行ったことのない親御さんにとっては、色々と心配なことがあるかと思いますので、何回か行った体験を元に注意点などを掲載させていただきます。

ちょっとした注意点など

注意点1

週末は激混み!できれば平日がおすすめ。また最終日もかなり混みます。

注意点2

トミカ博での遊びは有料の物が多い(チケット購入してアトラクション入場時にチケットでしはらい)

注意点3

釣りなどでゲットしたトミカは全部をもらえるわけではないよwということ

注意点4

限定のトミカなどは早めにゲットがいいかも

注意点5

人気のアトラクションは混みあったり、意外に料金がかかったりします。

またゲーム景品のトミカはゲームクリアしないともらえませんので、目的のトミカをげっとするには意外とお金がかかったりすることがあります。

トミカ博の楽しみ方

楽しみ方1

組み立て工場で、目の前でトミカが作られるのを見ることは楽しい!

楽しみ方2

アトラクションで、豪華景品のトミカがげっとできる!

楽しみ方3

無料でトミカやプラレールで遊べるスペースもある!

楽しみ方4

トミカ博でしか売ってない(手に入らない)商品も結構ある!

混雑について

初日などの午前はやはりかなり混みあり、週末なども混み合いが激しいです。

なので、やっぱりおすすめは平日の昼以降。日程にもよりますが、比較的すいている時間が多い印象です。

また、お子さん連れの方も多いので、お昼の時間は各アトラクションが空きやすくて、ねらい目です。

ただ気を付けてほしいことは、結構営業時間が短いということですね。

子供連れの家族を想定しているからなのか、4時ごろには人がいなくなります。

トミカ博の予算について

基本的に人気のアトラクションは有料なので、無料で遊ぶことはできません。

場内への入場料とは別に、アトラクションごとに設定されたプレイチケットを支払う必要があります。一番高くて8枚・800円、組み立て工場で5枚・500円という金額設定が基本の要ですが、あとは、使える時間や会場の込み具合などで変わってきますね。

内の場合、こども2人で遊んで大体1500円から2000円程度がかかる程度。

他の遊園地などと比べると、遊んだ上にトミカもゲットできるということで、コスパはいいのではないかと思っています。

皆さんのトミカ博の体験談レポート

【2010 幕張トミカ博】お腹がすいても軽食コーナーあり。ショップコーナーは早めに訪問を

トミカ博には、子供を連れて行ったのですが、私が幼少の時に買ってもらったトミカとは違って、とても本物に近い感じで作られていることにびっくりしました。幕張メッセの展示場では、多数のブースがあって、アトラクションにも子供が乗って楽しむことが出来ました。会場には子供連れの家族が多数来てましたので、とても賑やかな雰囲気だったのを思い出します。私たちは、最初にブースを回って展示を見たのですが、子供も小さかったことから、落ち着きがなかったので、子供に後で、トミカを買ってあげるからねといい聞かせて各ブースを回ることにしたのです。

幕張メッセで開催されたトミカ博は、ショップコーナーは、最後にいくと限定品も売り切れてしまったこともあるので、途中の段階で行くことをおすすめします。ここでしか売っていない限定品のトミカが販売されていますので、ここに来た記念として、ぜひ購入して帰ってもらいたいです。販売されている所は、子供連れでごったかえすので、迷子になる子もいらっしゃいます。会場に足を運んだら、子供から目を離さないようにすることが大切です。

小さな子が多く来ることから、会場には、ベビールームもありましたので、おむつ交換などすることが出来るようになってます。また、トミカ博は、一日がかりで見ることになるので、お腹が空いても軽食コーナーがありますので、お腹を空かせても安心なのです。

子供は、多くのアトラクションがあった中でもトミカ釣りには真剣になってしまって、釣れなかった時には、泣いてしまったことがあります。親心なんでしょうか、釣れるまでやってもらいたいと思う気持ちが強くなってしまったのです。私は一度も手伝うことはなかったです。これも子供が成長するための教育だと思ってます。

一日遊んで帰る時には、子供は車の中で疲れて眠ってしまいました。

【2018年8月 トミカin博広島】撮影スポットやジオラマが盛りだくさん!アトラクションは結構待ちました!

息子2人を連れて初めてのトミカ博でした。
駐車場がいっぱいで、少し離れた屋外しかとめられず、とても暑い時期でしたが、家族連れで賑わっていました。

日程が定まっていなかったので当日券での入場でしたが、限定トミカも貰えて、息子たちはとても喜んでいました。
2種類あって、トラックと、繋げられるツナグーンで、今でもずっと遊んでいます。

はたらく車がテーマということで、たくさん撮影スポットがあり、消防車と一緒に撮れて、自分たちが映るカメラも搭載されていて大喜びでした。

プラレールも好きなので、たくさんトミカや新幹線の走るジオラマからは中々離れませんでした。

定期的に大量のトミカが走ってくるダンプスライダーは大人も面白く、何度も見ました。欲を言えばもう少し多く走っても良かったかなと思いますが。

ゴミ清掃車にボールを投げ入れるコーナーもずっと遊んでいました。

アトラクションゾーンはとにかく人が多くて、どれも45分以上は並んで待つ状態でした。トミカ組み立て工場が1番人気で1時間以上かかっていました。

組み立てしたかったのですが待ち時間が長すぎて今回はあきらめ、トミカ釣りとルーレットのみ参加しました。

あとは時間交代ですが、無料プレイランドも楽しく遊んでいました。

出口のお土産コーナーですが、ここも人が多かったですが、トミカやプラレールのグッズがたくさんあって、ついいろいろ買ってしまいました。

広島限定のカープトミカも購入できとても満足です。
アンパンマンのオープンカーも、下の子がとても喜んでいます。
カード支払いと現金とレジが分かれていたので、少し良かったです。

会場内は人が多く、アトラクションもお土産も並んではいましたが、アトラクション全てやるのでなければどれも楽しめましたし、また次回広島で開催されたら行きたいと思います。

【大阪南港ATC トミカ博】どのアトラクションも人気があるので、お昼時が人が少なめで、ねらい目!

どのアトラクションも楽しかったですが、私が1番楽しめたのは、トミカミニミニドライバー工房です。まず、チケットをてに入れるのも大変だったのですが、何とか手に入れることができ、アトラクションに参加出来ました。

なぜ、私がそれほどまでにそのトミカミニミニドライバー工房に参加したかったと言いますと、限定商品(今回は三菱のランサーエボリューションIV)が貰えるからです。

毎回、このトミカ博ではそのトミカ博限定の商品があるためにトミカ好きの人達が集まります。私もその内の一人でしたので必死でチケットを手に入れたわけなのです。勿論、数量も限定なので早い者勝ちなのです。

次に私が楽しんだアトラクションはトミカ組み立て工場です。

こちらも結構な人気ですので、たくさんの人達がいました。

こちらでは、いくつかあるトミカのミニカーのパーツが置いてあり、好きなのを選び組み立てていきます。

そして、最後にそのアトラクションにおられるお姉さんにチェックしてもらい完成です。こちらも人気ですので、アトラクションに参加したいならば早めに訪れた方が良いとおもいます。

因みにですが、さすがにお昼どきには人が少なくなるのでこの時間を有効に使うのが1番頭がいいかも知れません。

また、他にもたくさんアトラクションがありました。どれも、人気がありますので行くときは事前に調べて順序よく回るのが1番だと思いました。また、来年もあるので是非参加したいです。

まとめ
トミカ博での混雑予想や予算感、注意点やトミカ博の楽しみ方をまとめてみました。

会場ごとに異なるジオラマや、もらえるトミカも違いますので、いろいろ楽しみながら観察いただければと思います。

ただ、車好きなお子さんがいらっしゃる方にはおすすめなイベントであることは間違いありません!

関連記事