トミカをはじめとしたおもちゃ関連の買取サービスと情報サイトです。

コムズトイのホビーグッズ買取

もしあなたがこんな状態であればぜひご利用下さい!

  • 「熱がちょっと冷めてしまって」・・・
    などファンを卒業する方
  • 学校卒業や就職など引っ越しで
    泣く泣くグッズの処分をする必要がある方
  • 新商品を購入したい!
    だから持っているコレクションを現金にしたい方
  • 大事な物だから捨てちゃうのはもったいない!
    次使ってくれる方を探している方
  • などなど、こんな状況の方がいらっしゃいましたら、
    当店の買取サービスをぜひご利用ください。

買取の3つの特徴

  • まとめて〇〇円ではなく、
    細かな査定結果をご連絡いたします。
    (現在、明細発行休止しております。まとめた金額のご連絡となります。)
  • 査定は査定経験豊富
    乗り物大好きなスタッフが査定を行いますので、より丁寧
  • 梱包キット、弊社送付の送料、
    振込手数料などいずれも完全無料。
    (査定NGの場合の送料はお客様負担となります)
  • 大量買取大歓迎!
    どんなに多くても送料は無料で買取ます!

2017年4月に出る新作「アバルト 124スパイダー」

2017年4月15日土曜日はトミカの日。通常のトミカとトミカプレミアム合わせて4台もの新作が登場するのですが、その中にあまり聞き慣れない名前の車両「アバルト 124スパイダー」がいます。今回は、その車両について紹介していきます。

■ アバルトとはいったい何者なのか!?

”アバルト”という名前を初めて耳にするという方もいると思いますが、実はイタリアにあった自動車メーカーなのです。1971年にイタリア自動車メーカー”FIAT”に買収され、1990年以降はFIAT車の名前に”アバルト”が付く社内ブランドという位置付けになりました。

2007年にはFIATから公式に”ABARTH&C.”の復活を発表。さらに9月にはグランデ・プント・アバルトが発売され、IRC(国際ラリー選手権)にはワークス名をアバルトに変更して参加するなど、徐々に名を馳せていきました。

■「アバルト 124スパイダー」の特徴

イタリアの車と聞くと少しだけ縁遠い感じもしますが、なんと「マツダ ロードスター」をベースに作られているので驚き。全幅・全高・車両重量・ホイールベースはほぼ一緒で、唯一全長がロードスターよりも約140mm長くなっています。

FIATにも124スパイダーはありますが、アバルトはそのカスタマイズ版として発売しており、元の姿よりもスポーティーな仕上がりです。新車での価格は約400万円程度でハンドル位置は右とのこと。

日本の方にも受け入れやすい仕様のようです。

■気になるトミカの仕様

さて、124スパイダーの説明をしてきましたが…トミカでの仕様はというと、しっかりとヘリテージルックも再現されていて白と黒のボディに、フロントリップには赤というカラーリングです。

初回特別仕様はラリー仕様モデルとなっています。赤と黄色のボディに”124”のゼッケン、ルーフスクープやフォグランプも再現されていて、アバルトの証”サソリ”のステッカーも付いているようです。このトミカは、色違いではなく仕様が違うため是非とも入手したい一台ですね。

関連記事