トミカの歴史から、復刻版の黒箱トミカと、その違いを比較。コレクターからなぜ、これほどまでに絶大な人気を誇るのか。

黒箱トミカとは?その見分け方

黒箱トミカとは、いったい何のことか、初めての方は、わからないと思いますので、まずは、その説明からします。トミカには、黒箱の他に、赤箱、青箱などがあり、トミカの入っている箱のことを指します。黒箱 トミカ とは 何かを理解していただいた上で、黒箱 トミカ 復刻版 見分け方をご説明いたします。まず、トミカが、この世に出回ったのは、今から47年前の、1970年です。この頃のトミカは、黒箱のものと、黄箱のものがありました。それからしばらくは、国産車のものが発売されていき、それを中心としたラインアップとなっていました。しかし、外国車のシリーズも発売されて、そちらも人気を集めていくようになりました。国産車のシリーズは黒箱で、外国車のシリーズは、青箱でした。今から31年前の1985年頃に、国産車シリーズの箱がリニューアルされて、今までの黒箱から、赤と白に塗り分けされたものとなります。これが、現在のデザインに継承されているものとなります。

トミカの歴史

黒箱 トミカ とは何かを、お話していき、だんだんとイメージをもっていただくことができてきたと思います。そして、最終的には、国産車シリーズと外国車シリーズのトミカが統合されることとなります。そして、現在の赤箱に統一されます。コレクションとして集めている人からすると、黒箱トミカはレアなものとなり、黒箱 トミカ 復刻版 見分け方 が非常に気がかりなものとなってきました。黒箱、青箱、両方のものが非常に人気があります。生産が先に終了している、黒箱、青箱のものが、赤箱に対して価値が高いと判断されていくようになりました。そもそもトミカは、子どもの手のひらに乗るという7センチくらいの大きさとして発売されたのですが、子どもだけではなく、大人もその魅力に夢中になっていったのです。当初は6車種ほどの発売であったのですが、現在では、600種発売されており、細かなバリエーションを数えると、9000種ほどと言われています。

初期のトミカのT番号とは?

黒箱 トミカ とは、とてもレアなものであることを理解していただけたと思いますが、これや、青箱や、初期の赤箱にはT番号というものが書かれています。この番号が何を表しているかというと、製造時期です。この番号はT19からT36まであることが確認されています。これも黒箱 トミカ 復刻版 見分け方 を行う際の一助となるものです。黒箱の中には、試作段階で廃盤になったものがあり、コレクターの中では、それが価値が高いとされています。オークションで100万円もの値段がつくこともあったようです。黒箱初期のトミカは、ロゴマークが、赤いマークと、青いTOMYで成り立っています。かつ、片面が英語表記され、もう片面は日本語表記とされています。黒箱復刻版と、初期品との見分け方としては、復刻版は片面しか印刷されたデザインにしかなっていないという特徴をもつ。そもそも、当時と完全一致となる復刻版は存在しておらず、箱の裏面にバーコードが入っているのも復刻版の特徴といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です