【笛コンで操作するプラレール!】「ふえではしるぞ!笛コンE7系北陸新幹線かがやき」を紹介します

プラレールにはスイッチをONにして走らせるタイプが一般的ですが、スマホと連携してスマホの画面から操作するもの、マスコンというコントローラーで操作するものなど、これまでにたくさんの種類が登場してきました。
遊び方の幅がどんどん広がっていて楽しくなりますね。
これらについては、他の記事で紹介してきた通りですがこれらの他にも、笛で操作するタイプのプラレールがあるのをご存知でしょうか。
それが、この記事で紹介する「ふえではしるぞ!笛コンE7系北陸新幹線かがやき」です。
特に、お子様などは電車の運転士や車掌さんにあこがれるものです。
笛で操作するプラレールで車掌さん気分を味わうのも面白いでしょう。

▼この商品に関する公式サイト
https://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/lineup/set/index.htm

「ふえではしるぞ!笛コンE7系北陸新幹線かがやき」とは

「ふえではしるぞ!笛コンE7系北陸新幹線かがやき」は、E7系北陸新幹線かがやきの3両編成の車両と笛コンのセットで、5,800円の商品です。
モーターのついている車両ボディは、はやぶさやドクターイエローとの互換性があるようなので、そちらの車両の方が好きな方はボディを付け替えて笛で操作することができますね。
笛で操作できるのは3パターン。
発車、加速、停止で笛の吹き方で操作するようになっています。
なお、笛モードとアプリモードがあり、アプリモードを使えばスマホと連携してスマホで操作したり、サウンドを楽しんだりもできるようになっています。
(同じ笛コンで操作するタイプの商品に超電導リニアのものもあります)

▼この商品に関する参考動画

「ふえではしるぞ!笛コンE7系北陸新幹線かがやき」の魅力

「ふえではしるぞ!笛コンE7系北陸新幹線かがやき」の魅力は、何と言っても笛で操作できることでしょう。
笛での操作が加わるとプラレール遊びが一気に体験的なものになり、記憶に残りやすいものになることでしょう。
大き目のレイアウトを作り、何種類かの車両を走らせている中で、一両だけ自分が笛で操作している車両があると考えただけでワクワクするものです。
お子様にこの商品を操作してもらって、このプラレールの車掌として活躍してもらうのも新しい遊び方になるかと思います。

まとめ

この記事では、「ふえではしるぞ!笛コンE7系北陸新幹線かがやき」について紹介しました。
通常のプラレールとは違い、笛コンでかがやきを操作でき、スマホとも連携できる商品です。
スイッチを入れて走らせる通常のプラレールだけでなく、笛で操作することでプラレール遊びが体験的になりワクワクすること間違いなしです。5,800円と若干高めのお値段ですし、通常のプラレールとは違う特別なものとしてお誕生日などのプレゼントなどにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です