【プラレールとは一味違う!】新幹線変形ロボ シンカリオンの魅力を紹介します

プラレールファンの皆さん、新幹線変形ロボ シンカリオンというアニメを知っていますか?
実在する新幹線がロボに変形し、謎の「漆黒の新幹線」が生み出す巨大怪物体と戦い、日本の未来を守っていくストーリーで、2018年1月から放送開始されました。
プラレールのシリーズには、これに関連する商品があり、新幹線モードとシンカリオンモードに変形可能、手転がしで遊べてしかもかっこいいということで、お子様へのプレゼントにも最適なのでこの記事で紹介したいと思います。

新幹線変形ロボ シンカリオンとは

アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオンは、冒頭に紹介した通りのテーマで2018年1月から放送されており、今も続く人気アニメです(2019年3月現在第62話まで公開)。
これがプラレールシリーズの商品になっているのです。
2019年3月現在、13種類のシリーズが販売されています。
主人公のハヤトが乗っているのが「シンカリオンE5はやぶさ」で、まさに新幹線E5系はやぶさをモチーフにしています。
アニメでは、これ以外にもたくさんのシンカリオンが登場しており、これらが商品化されているのです。

▼アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオンの公式イントロダクション

アニメ情報

▼アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UChwr22LUgCgBjyAzsNbPTZg/

新幹線変形ロボ シンカリオンの魅力

新幹線変形ロボ シンカリオンの魅力は、アニメの世界観をリアルで再現できるところにあります。
商品は、アニメの世界そのままに新幹線モードとシンカリオンモードに変形可能で、どちらのモードでも楽しく遊べるようになっています。
新幹線モードでは、プラレールと同様にレールの上で遊べます(手転がしが基本ですが、通常の動力車があればけん引することはできます)。シンカリオンモードであれば、腕、脚は可動式なので、アクションを取ることができるのです。
また、クロス合体では、シンカリオン同士がパーツを出し合って合体することができるので、複数のシンカリオンを持っていた方が遊びの幅が広がりますね。

▼上記商品に関する参考動画

まとめ

価格は4,500円と若干高めですが、アクションもとれることから飾ってもよし、ごっこ遊びをしてもよし、さらには手転がしで遊んでもよしと遊びの幅の広い商品です。
アニメを観ているお子様なら、このおもちゃに夢中になること間違いなしですね。また、ディテールまでしっかりとアニメを再現されているので、お子様だけでなく大人のファンの方にもおすすめできる商品です。
ぜひご購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です