トミカのギミックはドアだけじゃない!変わったギミック付きトミカとは

たくさんあるトミカの中でも、ドアが開いたりトランクが開いたりするギミックが付いていると、少しだけ得をした気分になりませんか?そんなギミック付きトミカの中でも、一風変わったギミックを持つトミカたちを紹介します。

■懐かしの80年代ハイソカー

ハイソカーと聞いてもなかなかピンと来ない方もいると思います。ハイソカーとは”High society car”を略した造語で、上流階級向け車種という意味合いを持っています。そんなハイソカーの中から出てきたのは「トヨタ ソアラ」です。

初代のZ10型ソアラは当時、絶大な人気を誇る一台でハイソカーブームの火付け役にもなるほど。そんなソアラのトミカに備えられたギミックは、サンルーフの開閉です。サンルーフ付きのトミカは他にもありますが、開閉機能まで付いたトミカなのでハイソカーならではといった感じですね。

■青箱トミカにも存在する珍しいギミック

少しだけ古いトミカですが外車シリーズの”青箱”にも珍しいギミックを持つ車があります。それが「ロータス エスプリ」です。セリカXXによく似たフロントマスクの渋い一台ですが、今までになかったギミックが備えられています。

このトミカは、なんとリトラクタブル・ヘッドライトが可動するようになっているのです。他にもリトラクタブル・ヘッドライトの車両はたくさんいますが、可動式が採用されていないのでとても珍しいトミカといえます。

■非売品の中にも…

タカラトミーの公式ショッピングサイト”タカラトミーモール”で入手できる非売品のトミカにも少し変わったギミックがありました。車種は「ランボルギーニ カウンタック LP400」で、青箱のNo.F37も同じギミックが付いています。

ミッドシップの車なのでエンジンは運転席のすぐ後ろに配置されているのですが、このトミカはそこのエンジンフードが開けれるようになっています。トミカプレミアムの「ランボルギーニ カウンタック LP500S」は見た目がほぼ同じでもエンジンフードが開かないため注意が必要です。

変わったギミックの付いたトミカを紹介しましたが、この他にもまだまだ変わったギミックのトミカは存在します。皆さんも今一度、持っているトミカに変わったギミックがないかチェックしてみると面白いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です