【プラレールの編成車両】ライト付き、サウンド付き編成車両について紹介します

プラレールには、数えきれないほどの編成車両がありますが、スイッチを入れて走るだけのものだけでなく、ちょっとしたギミックで一味違った楽しみ方をさせてくれる商品もあります。
ご存知の方も多いと思いますが、ライト付き、サウンド付きのものなどですね。
通常のプラレールでも十分楽しめるのですが、これらがあればさらにプラレールが楽しくなるのは間違いありませんね。
この記事では、ライト付き、サウンド付きプラレールの魅力について紹介していきます。

ライトで臨場感満点、ライト付きプラレール

スイッチを入れると、先頭車両のライトの部分が光るようになっているのがライト付きプラレールです。
ライト付きプラレールのラインナップはいくつもあり、「S-28 ライト付D51 200号機蒸気機関車」「S-12 ライト付922形ドクターイエローT3編成」「S-09 ライト付イーストアイ」などがあります(他にもまだまだあります)。
ライト付きプラレールが大活躍するのは、特に高架をくぐるときや、トンネルの中で走行するときでしょう。車両の高さに顔を持ってきて、車両がトンネルや高架をくぐる瞬間を見るのが好きな方もおられるでしょうが、ライトの光が暗いところでかっこよく光り、臨場感が満点なのです。
トンネルとセットになっている「ライト付E7系新幹線かがやきベーシックセット」というのもあるほどです。
夜の情景などの世界観も出せるのも魅力的ですね。

▼「ライト付E7系新幹線かがやきベーシックセット」の参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=2nc4gqQWZLk

サウンドで賑やか、サウンド付きプラレール

ライトだけでなく、サウンドが出るものもラインナップされています。
「サウンドN700系新幹線」「サウンド225系新快速」などがサウンド付きですね。
サウンドの出るタイミングとしては、発射時(スイッチを入れたとき)、走行時、停車時などで、それぞれ違うサウンドが楽しめます。
ここで紹介したものは、車両だけですが、「サウンド駅」「ガチャッと!アクションステーション」などのサウンドの出る駅などもあるので、これと組み合わせればかなり賑やかなプラレールレイアウトになりそうですね。
特に「ガチャッと!アクションステーション」では、レバーで車両の出発と停止を操作でき、それに合わせてサウンドが出ます。プラレールの世界を創っている感覚が、とてもワクワクさせてくれます。

▼「サウンドN700系新幹線」の参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=kG2CRMp4dLM

まとめ

通常のプラレールでも十分楽しめますが、一味違った楽しみ方をしたいという人にはライト付き、サウンド付きのプラレールがおすすめです。
プラレールファンなら大き目のレイアウトにいくつかのプラレールを走らせることが多いと思います。そこに通常のプラレールだけでなく、ライト付きやサウンド付きのものを走らせれば、遊び方にも幅が出ること間違いなしですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です